エントリー機が実売3万円台まで下がったことで、本格的な普及が期待されるBlu-ray Discレコーダー。しかし、現在の録画機市場はそれほど甘くない。薄型テレビの録画機能は当たり前になりつつあるし、より安価でテレビ録画が実現できるHDDレコーダーも注目度を高めているからだ。  最終回の今回は、BDレコーダーの強力なライバルとも言える格安HDDレコーダーを取り上げる。  HDDレコーダーの歴史を振り返ると、実はDVDレコーダー時代から製品は登場してきている。だが、これまでHDDレコーダーがレコーダー市場の中で大きくピックアップされることはなかった。  この理由を考えると、「BD付きとBDなし、どっちがお得?」ということになる。DVD時代は、長く続いたVHSテープからの大きな移行があり、パッケージソフトとしてのDVDもかなり大きな市場に広がった。  DVD再生環境は誰にとっても必要なものだったのだ。また、VHSデッキでは2台を使って行なっていたダビングや編集が、HDD+DVDレコーダーならば1台でできるという点も大きくクローズアップされた。つまり、「DVD付きとDVDなしならば、DVD付きがお得」だったのだ。  これがBD時代になると状況は大きく変わる。容量の小さいDVDでもハイビジョン画質の録画ができるようになり、積極的にBDに移行する必要は少なくなった。コンピューター用としては容量が中途半端に大きく、同じ記憶容量ならUSBメモリーの方が使い勝手がいいなど、...